No. 1228
投稿内容カテゴリー
amazon


ネット投稿ピックアップ~ 【新聞に喝!】生活保 護ジャンパー報道に違和感 「単純正義」が新聞を滅ぼす ノンフィクション作家・門田隆 将 – 産経ニュース~


Palmo (パルモ)「片手でラクラク いつも安定、安全、安心」

1) 現在、iPhoneのsafariで画像が表示されないことがあるようです。この場合Chromeを使用すると画像が表示されます。

2) Internet Exploerer 11でも見出し部分がおかしい場合があるようです。windowsのchromeでは正常に表示されます。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




ブログランキング

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

正論と思う。

【本文一部抜粋】

 不正受給者の中には、暴力団員など、さまざまな人がおり、訪問で怒鳴り散らされ、時にはケガを負うこともある。

現に、小田原では、カッターで切りつけられた職員もいる。

つまり、このジャンパーは、不正受給に対して敢然と立ち向かおうとする職員たちが、お互いを助け合い、気持ちを鼓舞(こぶ)するためにつくったものだろうと想像する。

 膨張する社会保障費は、今や32兆円を超え、国家予算の33%を占めている。

小田原の職員たちが、生活保護制度の真の価値を実現するために頑張っていることに対して私たち納税者は拍手を送りたいと思う。

 だが、その思いは、新聞には通じない。これは〈人権侵害にあたる〉と、「単純正義」を大上段に振りかざすのだ。

しかし、この問題に対してネットの反応が、ほとんど「職員よ、負けるな」というものだったことが興味深かった。「偽善」と「単純正義」が新聞を滅ぼす、とは、言い過ぎだろうか。

【新聞に喝!】生活保護ジャンパー報道に違和感 「単純正義」が新聞を滅ぼす ノンフィクション作家・門田隆将
新聞の普遍的価値観とは何だろうか。報道の使命を記者たちはどう感じているのだろうか。時々、そんなことを考えさせられることがある。17日付読売夕刊の記事もその一つだ…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。