No. 1217
投稿内容カテゴリー
amazon


ネット投稿ピックアップ~ 入国制限で全米混乱  トランプ氏「安全のため」 (写真=ロイタ ー) :日本経済新聞~


Palmo (パルモ)「片手でラクラク いつも安定、安全、安心」

1) 2017-10〜2018-07間のブログの画像が表示されない理由が判明しました。投稿記事内の画像リンクの共有設定がなされていないことが原因でした。

2) 現在、私の思い入れの強い記事、気付いた記事から随時リンクの貼り直しをしていっています。(主に飲食系、FSP、FFP系などから)。仕事の都合などで当面画像が表示されないご不便をおかけすることお詫びいたします。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




ブログランキング

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

これ、確かに政策としては過激だけど、

すべてのイスラム教徒を入国禁止にしてるわけでは無いのは、

入国制限されている人数をみても自明であり、

自分は逆に、

こんなに疑わしい人間がおったんや!?

という感想の方が先に立ったけどなぁ…。

 おそらくアメリカ人でも国内どころか州内からも出たことも無い国民も結構な数いるだろうし、そういう人達から見たら、いつの間にか自分の町に見たことも無い『外国人』が増殖し、コミュニティに溶け込もうとするどころか、自分たちでコミュニティを形成し、元からいた自分たちを排除していく様を見たとしたら、制限されるのが嫌なら海外に行くなよ!空港に行くなよ!

位にしか思わないんじゃ無いかなぁ、と思ったりもする。

 それでもネットによって世界のニュースは見聞きでき、ニュースで目にする外国では、

アラーは偉大なりと叫びながら

トラックで人ごみに突っ込んだり、
銃を乱射したり、

というのを見たら、我が国にはいらないよ。 となる気もする。

 彼らはそう思っても、今都会で暴走する多くのグローバリズム信奉者のように、情報発信が得意なわけではなく、粛々と日々の生活を送っているだけのように思う。

そんな都会から離れたアメリカに住んでいるサイレントマジョリティの声に、アメリカのメディアとグローバリズム信奉者も耳を傾けなければ、ノイジーマイノリティーとサイレントマジョリティの意見は更に分断されていくのでは無いかと思うんだが…。

入国制限で全米混乱 トランプ氏「安全のため」(写真=ロイター)
【ニューヨーク=大塚節雄、高橋里奈】トランプ米政権による難民や「テロ懸念国」を対象にした入国制限に抗議するデモが全米で拡大している。入国を一時拒否されたり米国便の搭乗を拒否されたりした人は計280人
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。