No. 72
投稿内容カテゴリー
amazon


第22搭乗 HND-ITM  3月20日木曜日  『ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ』編

 続き物で、機内までは一気に行きたいと思います。

 ラウンジ内は勿論無線LANが使えました。ANAでは随分前に、ID、PWDの入力はなくなっていましたが、JALでは入力が必要です。
まぁ、ラウンジの若いお姉ちゃんと話す機会が増えたと思って喜ぶ人もいるのでしょうか...。(まぁ、そんなわきゃないな...。(^_^;))


 ラウンジの全体図です。 真ん中の茶色が通路で、左の青というか紺っぽいのが検査場を通ったところで、ちょうど赤い文字で現在地が表示されていますね。
通路を渡って乗り場近くにサクララウンジと共にD-Pラウンジがあるのが分かります。
 カメラは左のラウンジから右のラウンジに向かっていきます。(笑)

 まず入って赤い線の通路の下側に細かくパーティションが切られていますが、それがここです。個人のビジネス用デスクです。
ここに腰を下ろして、ビールを飲みました。

ちょっとぶれています。(^_^;)
 既にたくさんの人がいますね。私は一番入り口側です。

 赤線の上側のラウンジ部分でビールを取ってきました。

 おつまみです。いつもクラスJで、がっくりさせられることが多いですが...。

 あけてみると、いたって普通のおかきです。これは一番最初にクラスJでもらったときを思い出します。JALもいつもこれにしてくれればいいのに...。

こちらがビールサーバーなどがあるいわゆるラウンジの方です。こちらはJALのHPでも見れるかな。

こちらも結構人がいました。以前に書きましたが、JALのFFP上級会員は多いので、優先搭乗がJGCプレミア以上、というのは分かりますね。

 さて、続いて、通路を隔てた滑走路側のラウンジ探検に行ってきます。一度出ると基本的には戻れないので、お姉ちゃんに聞いた所、ピンポンを押して、搭乗券を見せてくれ、とのことでした。というわけで、これが出口に向かう通路です。

 ここが一度出ると戻れない(大袈裟。(^_^;))出口です。

 これが出てしまったところ。左に見えるインターホンで、D-Pラウンジ使用資格があることを直訴するしかありません...。(笑)

 よくあることですが、地上スタッフが慌しく走っています。いつも思いますが、ぎりぎりに平然とした顔で現れる輩ども、なんか勘違いしているとしか思えません。殿様搭乗でなんか自分が偉いとでも思っているのでしょうか。
 まともに考えると、『時間に非常にルーズなやつ』ということで、あまり社会生活に向いているとは思えない輩たちです。

また話がそれました。(^_^;)
 走っているスタッフの左側にある角のところが実は入り口です。
それを正面に回って1枚パチリ。としたところです。

看板にあるようにサクララウンジとDPラウンジです。
 まずはサクララウンジ。

 広いのですが、確かに人でごった返していました。広さはsignetよりは狭いと思いますが、これはDPラウンジに割いたためでしょうね。
 こちらが入り口入ってすぐ、右側にあるDPラウンジ入り口です。一応左にカウンターがあり、お姉ちゃんがいるので、チケットを見せます。

 中は割合狭いのですが、結構人がいて、小心者の私はラウンジ側をとることが出来ませんでした。_| ̄|○(汗)
しょうがないので、そこから外を見たところ。あいにくの雨です...(涙)

 ちょっと右に振った画像です。

 次回は、機内でのサービスなどについてです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)