投稿内容カテゴリー
amazon


いったいどこの国民が望んでいるのか...。 ~調査内容の開示無し...~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




ブログランキング

何度も耳にする不思議な言葉...。

首相、国民は解散より景気対策望む
参院予算委で強調

2008年10月15日(水)11:23

(共同通信)
麻生太郎首相は15日午前、参院予算委員会の基本的質疑で、衆院解散・総選挙の時期に関し、国際的な金融危機を踏まえ「地方は正直、深刻だ。
景気対策が優先されてしかるべきで、国民は今、解散よりは景気対策を望んでいると理解している」と重ねて強調。
首相就任前に月刊誌に寄稿した論文で、臨時国会冒頭にも解散に踏み切る決意を示した
ことに関連し「解散の日時が日々刻々と変わるのは当たり前」と述べた。

解散しないなら「問責に値」=民主・石井氏が要求、麻生首相は拒否
10月15日20時2分配信 時事通信

15日の参院予算委員会で、麻生太郎首相と石井一民主党副代表が衆院解散・総選挙の時期をめぐり激しく言葉を交わす一幕があった。
石井氏は、首相が月刊誌に寄せた手記で衆院解散の時期に言及したことを指摘。再三にわたって、早期解散を要求した。
これに対し、首相は「解散時期はわたしが決める」と繰り返し答弁。
石井氏は手記の撤回も求めたが、首相は「撤回する気はない」と突っぱねた。

昔、『嘘つきは泥棒の始まり』と教わったのですが、この国は総理大臣が平気で嘘をつく国に成り下がってしまいましたね...。
再三、書いていますが、『政治』なので、しょうがないのでしょうが、ここまで露骨に、しかも平然とされているのを見ると、不快感しかありません。
私は、パスポートをみても、どうやら日本国民のようですが、今回のA総理大臣の発言の拠り所となっている景気対策を最優先とする国民はいったいどこにいるのでしょうか...。

おそらく、自民党の関連の方、道路関係でおいしい汁を吸っている方々、つまり総理大臣の身近の人に聞いたんでしょうね...。
不思議なのは、党の支持率を調査するのに、何故マスコミは国民が景気対策を最優先に望んでいるのか、解散を最優先に望んでいるのかの二択のアンケートをとらないのか、不思議です。
それで、実際に総理大臣の話すとおりなら、それはそれで結構ですが、全く母集団のNも分からず、母集団がどんな集団かも分からないまま、自分の周辺の声を聞いて、平然と景気対策言い続けるのも馬鹿げているし、なんで自民党と公明党の一部の人間だけが選挙のするしないを決めるのかも理解に苦しみます。
↓ ここにRSSでは読めませんが、アンケートをつけているので、良ければ、投票してみてください。<(_ _)> http://anajalspg.seesaa.net/article/108184979.html

ここまで来たら、いい加減、まともな政治をしようと考える人は出てこないですかね。
きうちくんや、彼を応援している平沼さんあたりが、そろそろ自民党に変わる保守政党を考え、自民党以外の現野党と共に新たな二大政党制を作ってくれませんかね。
まぁ、来年9月以降には、今の自民党が、旧社会党のように死に体になることを願いますね。
とにかく、早く取り巻きの世襲議員や、道路特定財源で潤っている人たちだけでなく、年金天引きされて苦しんでいる人たちの声にも耳を傾けてみて欲しいものです...。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




336×280 レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする