No. 160
投稿内容カテゴリー
amazon


内閣不信任案可決

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




ブログランキング


Palmo (パルモ)「片手でラクラク いつも安定、安全、安心」

詳細は、こちら ですが、

日本国憲法
第69条
内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない

仮に同決議が衆議院において可決した場合、当該内閣は10日以内(可決当日算入)に不信任を突きつけた衆議院を解散するか、内閣総辞職をすることが憲法上義務付けられており、政権と対抗する野党にとっては最後にして最大の武器である。この絶大な効力こそ、まさに「伝家の宝刀」と言われる由縁である。

今朝の関口宏のモーニングショーを見ていると、今、自民党内でもNASA(中川、麻生、菅、甘利だそうです)の少数派が浮き、町村派なども不満をもち、公明党も不満を持っているのであれば、なぜ自公はそろって、内閣不信任案を可決しないのであろうか

今、それを打ち出した自民党議員は少なくとも次の選挙で生き残る可能性が出ると思うが
その上で、麻生独裁内閣を総辞職させもう一度総裁選をしきりなおすか、麻生が解散をすればとりあえず選挙は行われ、
我々国民の信を問えると思うのだが...。
だれか勇気ある自公の議員はいないものだろうか...(そこまで出来ない政治屋だろうか、やっぱり...)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




336×280 レクタングル(大)




フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。