No. 1056
投稿内容カテゴリー
amazon


飲んでみた ~Michel Vin Japonais ミッシェル・ヴァン・ジャポネ~

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




ブログランキング


Palmo (パルモ)「片手でラクラク いつも安定、安全、安心」

このブログは私の個人的な感想を書いてるブログなので、あくまでも私個人の感想ですが、結論から言うと、私は二度と行くことはないであろうお店でした。逆に言えば、行きたい人だけ行けばいいし、店も来たくなければ来るな、という印象を私は受けたお店でした。

目次

http://michelvinjaponais.com/

 この店、食べログの評価は高めだが、おいおい載せる予定なんだけど、

食べログは営利サイト。

 過去に沖縄旅行で行った店を随時投稿した時に、最初は掲載されていたのに、店に不都合な事実が載せられていることに店側が抗議したらしく、その後は規約を楯に散々修正させられて、

気付けば店に良いこと以外は書いていない投稿になっているので、これでは一般人の評価を載せるサイトが売りだと思っていたのに、店側の思惑通りにしか紹介が出来ない偏ったサイトであることわかり、以後、食べログに関しては、写真と場所などの情報しか見ないようにしている。

 そう言ったわけで冒頭にも書いたように、多分に私自身の客として受けた印象メインにこのブログでは書いてるので、店の事実だけが知りたい方は写真だけ見るか、ポジティブ面だけ見たければ食べログを読んで判断して貰えば良いと思います。私としては久々に衝撃を受ける店だったので、その感想は忘れないうちに残しておこう、ということでムカムカしている今のうちに記録をしておきました。

 で、話は逸れたけど、ここは日本のいろんなワインが飲める?みたいな話で、二軒目に、今いる処の近場で知ってる店あるか?ってツレに聞いたらチョイスしてくれたんだけど、帰宅後、食べログにザッと目を通したらこの店が大好きな人達がコメントしてる店なんだなぁって感じ。 あとイメージ重視なんだろうなぁってHPなどのつくり...。

サントリーが主催で日本ワインと料理のマリアージュを楽しむ会というのをやっているらしく、ツレもその手の催しに参加した模様。

 そもそも食べログでは店と関係ないから店員の写真を後ろ姿でも載せるのは規約違反みたいにいって、削除させたくせに、ここの食べログ紹介では店主がばっちり写ってるし...。(-_-;)

それなら、何故私が投稿した「みなと売店」のおばぁと姉ねえの写真は載せない!?って事で食べログの基準はあきらかに矛盾してる。結局のところ一般人の率直な意見を集めてる風だけど、ステマ何でしょうねぇ、やっぱり。そりゃまぁ営利企業がやってるわけですから...。(^_^;)

 で、また話が逸れたけど、この店主、確かにツレのことを覚えてはいる風だったけど、

とにかく最初の印象は『イキッってる』

 おっさんになると自分より若い人間が店主なんてことはざらですが、そういう中でも自分が感じるいい店は、やはり店主の物腰の柔らかさだったりするんだけど、そんな印象は皆無でしたね。(あくまでも私の個人的な印象です。)まぁ、颯爽としている、と思われる人もいるのかもしれませんが。

 ツレがスパークリングワインにしようと言って、持ってきてくれた3本の中で、ラベルだけで良さげに思ってたのと、店主のオススメが一致したので頼んだのが、こちらのスパークリングワイン。

個人で家飲みするなら税込3,437円也。

 これは開栓してなかったので、飲んでみて確かに美味しいし、泡系は開けると出来れば飲んでしまった方が良いとか何かで読んだ記憶があったので、お代わりするのとあまり値段が変わらなければ、そのままボトルで頂きますが、と尋ねたら、 『1人2杯半位?(たしか)』飲んだら変わらないですね。って言うのでそのままボトルで注文に切り替え。(結局1万円程度なので、1杯当り2000円程度のスパークリングワインということですね。(;´・ω・))

お腹も一杯だし、行った時には22時も回っていたので、メニューで食べてみたそうなものは悉くSOLD OUT。

で、ツレがチーズの盛り合わせを頼んだのがこれ。 おそらく税込み648円。

私が、その対応はないだろう!??と感じたのが、ツレが飲んでばかりで口寂しかったんだろうけど、メニューを見直し、注文しようと声をかけると、
入店時には既にいたカウンターで1人飲んでる常連?と思しき女性客(まぁよくある風態の女性ひとり客という感じ)と話してる位置から、微動だにせず

『ラストオーダー終了!(酔ってたので一言一句違わないかは微妙だが、大体こんな感じ)』

仮にもツレが何度か来てる客として認識し、もてなす気がいくらかでもあったのなら、そんな言い方は無いだろう!?ってのが私のぶっちゃけた気持ち。

 確かに、いつ店が開いてるかを店に入って最初の頃に、閉める時間とラストオーダー時間として聞いた気がするが、こっちは既に飲んできたのこと伝えているわけで、そんなに時間も時計ばかり見ていない。

で、もうすぐラストオーダーです。と言いに来たかといえば確か来てない。ハズ...。

 もちろん、酔っぱらい対シラフの店主なので百歩譲ってL.O.言いに来てたとしても(態度がよくは無いと感じ出たので来てたらさすがに覚えてるから、まず来てないはずだが..。)、私の常識の中では、 『すいません。まもなくラストオーダーなんです。』
 くらいの言い方があるだろう!?と感じました。

 食べログのサービス欄にはソムリエがいます、って書いてるけど、ソムリエがいれば偉そうに言われてもサービスなんだろうか..?

HPには、

 『お客様に日本ワインのことをよりたくさんのお伝えしながら選んでいただきたいと思い、(部分抜粋)』

と書かれていますが、うちらが話していたからなのか、特にはお伝えもして頂けませんでした。で、先の女性とお話をされていました。聞く気のある人間、という風に思われないとちゃんと相手もされない。そういうスタンスのお店なのでしょうね。

 というわけで店主らが閉めたい23時も近いのでおあいそしてもらうと、

2人で1万2千円きっかり。(驚)

食べログでもご予算6000〜7999円になってますなぁ…。(苦笑)

 メニューを再度確認すると、ラストオーダーは23時。チャージが500円。チーズの盛り合わせ2種600円。税別。

メールをツレに書いて送ったのが帰宅時で2330過ぎ。ということはおそらくツレが頼もうとしたのはほんとに23時キワキワ辺と思われ、一層あの言い方が偉そうに感じてしまった、私でした...。

結局
テーブルチャージ1080円(2人)、
チーズ648円と、
自宅なら税込3,400円程度で飲めるちょっとお高めの国産スパークリングワインを10,272円で飲んで
小一時間この店のソファに滞在して、
正直、愉快では無い気持ちで店を後にしました。

 そんな訳で、食べログ高評価の方々絶賛の料理は何一つ頂くことなく、私に伝わったのは、

この店は予算を伝えないとなんぼの酒が出されるかも分からないという、その昔桃花林で接待受けた時に、ソムリエにはちゃんと予算を指定しないといくらでも高い酒持ってくるよ!を地で行く上から目線(あくまでも私の印象です)のお店は接待でも、どうしてもここに連れてきたいんです!とでも言われないと来ないなぁ、という店でした。

 ワインバーというと、心斎橋のワイン倶楽部 本多 と言うところに何度か連れて行かれたことがあって、こういう良いイメージの店を想定していたのですが、全く違っていました…。

あと、ここ食べログではカード可になってますが、『現金のみです』とハッキリ言われました。
食べログが間違っているようで、現金オンリーが正しいようですね。
こんな投稿ありましたので。

http://r.gnavi.co.jp/cx0nsdh50000/review/

前半 略 ~ は良いのですが、チェックしていただいた所「え???」と思うほどの金額。
確かにワインはお任せで出してもらったものをオーダーしたので、金額が分からなかったのですが、こんなに???と思うほどでした。

しかもカードは使えないとのこと・・・ありえません。
急いでATMに行かなくてはならないほどでした。。


スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




336×280 レクタングル(大)




フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。